4つの秘密

今の時代、まずいラーメンを探す方が大変なくらい、
ラーメン店の味は進化しています。だから味だけで差別化するのは至難の業です。

印象に残り、口コミを誘発するには美味しい味+その店ならではのウリが必要です。
麺屋荒井の「ウリ」は、総重量1.8kgのガツ盛りです。

麺も野菜も大盛り無料!お客様はその量にビックリされます。麺だけで520g、具材やスープと合わせると
約1.8kgになります。

 

店舗の出店場所は3等地です。3等地とは、駅前など人が多く家賃が高い場所ではなく、一本入った地元の人が通るような道路沿いのことです。

特に地方の3等地が狙い目です。ライバルも少なく賃料や敷金・保証金等も低く、それでいて人はキチンと集まります。

また、飲食店の居抜き物件を使うことで、初期投資額を1/3以下に削減できます。初期投資の総額は480万円が目安です。
(※物件の状態や敷金等により前後します。)

ただし、3等地なら何でもよいのかというと違います。同じ3等地でも、人が集まる場所、集まらない場所があるのです。
また、居抜き物件でも同じく良い物件、悪い物件というのがあります。

お客さまを集め、商品を注文してもらい、繰り返し来店してもらう。

この仕組みを作ると売上は安定します。
私たちは、日々テストを繰り返しながら、成果がでる販促手法を生み出しています。

例えば、麺屋荒井で配布したチラシは、3000枚配布して月に600人のお客様がふえました
売上に換算すると50万円の売上増です。
(値引きなしのチラシで、その効果が半年間続きました。)

 

かかった費用は3万円です。

 

こういった効果の高い販促物を作るのには秘密があります。
このように販促物の内容によって、売上が全然違うものになります。

その他にも…

 

 

 

  • お客様が少ない空き時間に売上を伸ばす方法
  • 貼るだけで売上が上がるPOPの作り方
  • 半月で6万円売上アップした券売機
  • チャーシューメンなどの高単価商品を購入してもらう方法
  • 無料情報誌の広告の反応を2倍にする方法
  • FacebookなどのSNSを集客に活用する方法
  • お店のブログの作り方…etc

どんなに味が美味しくても、店の雰囲気や接客が悪ければ、
その味は「マズイ」ラーメンに変わってしまいます。

一度でも雰囲気の悪い店と思われたら、2度目の来店はありません。
それほど、雰囲気(接客)は大事です。

どんな雰囲気を作るかは、どんなお店にしたいのかその店主の想いや
キャラクターで変わります。

私達のお店の場合は「活気」をキワードに
きたお客さまが、元気になって帰ってもらう店を作っています。

ロゴサンプル

ロゴサンプル

Copyright© 2010 新のれん分けプロジェクト All Rights Reserved.